葬儀のときに持参する香典について

葬儀のときに持参する香典について

通夜や葬儀に参列する際、香典を持参します。 香典袋やその表書きは、葬儀の形式によって異なります。日本の葬儀は、ほとんどが仏式で行われますが、時には神式やキリスト教式で行われることもあります。間違った形式のものを持参するのは失礼になりますので、葬儀の形式がわからない場合は、事前に確認すると良いでしょう。 表書きは、「御霊前」ならどんな宗教でも使えるといわれています。下に書く名前はフルネームにしましょう。名字だけの場合、葬儀に参列する人の中に同姓の人がいると紛らわしいことになります。書く際は、弔事は薄墨、慶事は濃墨とされていますので、薄墨にすると良いです。もしなければ、筆ペンやサインペンで丁寧に書きましょう。 中包みには住所や氏名、金額を書きます。金額は漢数字で書くのが正式です。上包みは、慶事とは逆で、上の折りが下に重なるように折ります。 このようにして用意した香典袋を袱紗に包んで、受付で渡します。

葬儀のルールは地域によって違います

初めて北海道の葬儀に出席した時に、領収書を発行されてびっくりする方が結構いらっしゃいますが、地域によって葬儀のルールというのは様々で、出席する場合には事前にある程度知識を頭に入れておくことが必要です。 本州では親族以外のご焼香が葬儀会場の外に置いてある場合がほとんどですが、北海道では親族以外の出席者も会場内に入ってご焼香するのが基本的です。また本州では香典返しは半返し、3分の1返しが一般的とされていますが、北海道の場合には香典をいくら包んでも香典返しは同じものを渡すようになっています。 このように地域によって葬儀のルールというものが違いますので、自分の住んでいる地域以外の葬儀に出席する場合には、事前に知識を仕入れてから出席することをオススメいたします。

Blog

Calendar